チーズアートを通して、人を笑顔にする

 

日本チーズアートフロマジェ協会(CAFAJ)は、チーズの魅力を、日本にもっと広めるために誕生しました。

 

チーズは6000年以上の歴史を持つ発酵食品です。栄養価が高く、子供からお年寄りまで食べられる健康食品です。また、牛、山羊、羊などの恵みであるチーズは、産地の気候風土の違いや、熟成の年月、季節など、一つ一つが風味に影響する、奥深い食品でもあります。人々はチーズとの長い歴史の中で、伝統的な製法や楽しみ方を、文化として育んできました。

 

私たちは、様々な食品があふれる現代にこそ、安心して美味しく食べられて、豊かな文化も楽しめる、チーズの力が必要だと考えています。

 

日本チーズアートフロマジェ協会は、食を豊かにするチーズの知識と技術を持つための資格認定と、チーズアートで感動のできる場の提供をしていきます。 


理事長挨拶

チーズには、美味しくいただくために必要な要素があります。たとえば、熟成具合の適正な状態の知識があること。さらに、その熟成チーズをどの程度のサイズで食べると適正な味わいが得られるか、チーズの風味が引き立つような飲料の合わせ方など、様々なことがあげられます。

そうした美味しくいただくための要素を踏まえながら、楽しい演出方法や、様々な食べ方を知ることで、熟成チーズの良さを更に引き出し、たくさんの感動を得ることができます。その方法論を“チーズアート”と定義しています。

 

そもそも「ART」の語源は、ラテン語の「ARS/アルス」と言われており、「手仕事」、「技術」、「技能」を意味しています。チーズの作り手のことをアルティザン(ARTISAN)、つまり職人と呼ぶ所以(ゆえん)はここにあります。

 

 

職人が丹精込めて作ったチーズを 、食卓に運ぶチーズサービス技能者はチーズアートの技能によって、 更に食卓を豊かにします。チーズ職人の手から、食卓に運ぶ人の手に渡って、広げられる感動こそが「チーズアート」の真価です。 

 

進歩する時代の中で、様々な食卓シーンが増えてきました。手仕事を必要とするチーズ業もまた、 サービス性を問われる時代の必須技能となっています。当協会は「チーズアート」を通して、みなさまの活動、そして社会を心より応援していきます。

 

(ー社) 日本チーズアートフロマジェ協会

理事長 金子 敏春


副理事長挨拶

物に恵まれて、豊かな今の時代に必要なこととは一体何でしょうか?

新しい知識でも、新しい食べ物でもなく、人が笑顔になる「楽しさ」だと考えます。

 

人の持つ資質には、感動を生み出すハートがあります。嬉しい!は、知識や物では叶えきれないもの。だからアートの力で食育を活性化させたいと考える金子の持論に賛同しています。

 

これまでチーズの素晴らしさを学び、そして感じてきたことは「Happy」という気持ちでした。

“チーズを通して人と出会い、チーズを通して豊かさを知った、このチーズの魅力をもっと多くの人に届けたい!″ そんな思いが湧き上がっていました。

世界中の様々なチーズ文化とチーズを彩るアートを学ぶことで、より深い食の楽しさと文化を皆様と一緒に広げていきたいと願っております。

 

(ー社)日本チーズアートフロマジェ協会

副理事長 村瀬 美幸


アクセス

住所

 〒103-0001 

  東京都中央区日本橋小伝馬町16-2 東事協ビル2F

TEL&FAX

 03-6264-0530

 

最寄駅からのアクセス

 地下鉄 日比谷線 小伝馬町2番出口 徒歩2分