初めての方へ

チーズアートとは「美味しさの技法」

古くより、チーズのつくり手たちは、気候風土に合わせ、自然のこえと対話しながらその土地ならではのチーズをつくってきました。
個性あふれるチーズの味に、五感に働きかける魅力を加える『美味しさの技法』が『チーズアート』です。

egao1.png

検定資格のプログラム

当協会は、フランスで発足され東京日本橋に本部を置くチーズ取扱い技能教育機関です。 チーズ産業をサポートするフランスのギルド国際フロマジェ協会の賛同を受け2015年に創設され、知識だけを問う従来の資格とは一線を画した、独自開発された「CAFA Ⓡプログラム」は、日本のみならず海外各国からも受講オファ—があり、世界のチーズ業界の方々から注目を集めてます。

日本のチーズ需要が出始めた頃に誕生した従来資格の多くは、愛好家または販売員のためのチーズ資格でした。チーズ知識を得て、人に伝えられることはできても、生活に活かせない、仕事で実務に直結しない、などの相談が数多く寄せられました。本来の検定資格の在り方、チーズの本当の楽しみ方について、CAFAJは真摯に向き合い、これまでにないプログラムの開発に取り組んできました。
資格検定で学ぶ「CAFA Ⓡプログラム」は、教養と技術の学びと体験を通じ、多面的に習得するこれまでにない独自のプログラムです。

 

検定資格とセミナー

kesiki.png

資格検定制度を通して、ナチュラルチーズの正しい知識と技術を身につけた人材を育成しています。CAFAⓇフロマジェ、CAFA Ⓡチーズ鑑評士の資格取得者は、その専門知識を活かし、様々な分野で活躍しています。

また、様々なトピックでお届けする各種セミナーは、気軽にどなたでも受講できるものから、資格保有者のブラッシュアップセミナーまで幅広く開催しています。受講スタイルはオンライン・通学の両方から選べ、遠方の方でも無理なく受講できます。「知る」と「体験」を組み合わせたセミナーを行ってます。

どのような人が受講していますか?

チーズを食べて楽しみたい!
初めてだけど、チーズの盛付を素敵にしてみたい!
日本、そして世界中のチーズを食べて各地を巡る体験をしたい!
気軽に楽しみたい方が多いです。
 

​セミナー受講

検定・資格受験者

チーズが好きで、チーズについてもっと知りたいと思う方から、接客やプロモーションにチーズを使いたい方など。「自身の知識を高めたい」という方が多かったのですが、今では「大切な人と美味しさを共有し、もてなしたい」というニーズに変化しつつあります。知識と取り扱い技術を深めて、自分だけでなく家族や大切な人のために実践的に学ぶ方々が増えています。 

グラフ1.png
グラフ2.png

​受講生属性

年代では40代50代が最も多く、職業で一番多いのは会社員です。趣味の幅をひろげたい会社員の方や、食卓を華やかにしたいと思う主婦の方、フードコーディネーターや、テーブルスタイリスト、飲食関係のシェフやパティシエ、ソムリエなど飲料のスペシャリストの方、経営者である受講者も少なくありません。
「楽しみたい」と思って始めた方が、いつのまにか「もてなしたい」と、受講後に目的も変化しライフスタイルの質が向上した。という方が多くいらっしゃいます。
一方で、スキルアップ・キャリアアップとして、プロの料飲関係の方々にもしています。

 

無料説明会

「CAFA®フロマジェって、どんな資格?」

「CAFA®チーズ鑑評士って、どんな資格?」

「講座ではどんなことを学ぶの?」

日本チーズアートフロマジェ協会の資格検定について分かりやすくご説明いたします。

 

まずは、お問い合わせください。都合のつく日程で開催させていただきます。

チーズ他資格の学習位置と

CAFA®資格の特徴

日本のチーズ需要が出始めた頃に誕生した従来の資格の多くは、愛好家または販売員のためのチーズ資格でした。ただチーズ知識を得て、人に伝えられることはできても、生活に活かせない、仕事でも実務に直結しないなどの相談が数多く寄せられました。こうした時代の変化と共に高まるチーズの本当の楽しみ方についてCAFAJは真摯に向き合い、開発に取り組んできました。

 

チーズ大国フランス、スイスとの交流が深いCAFAJでは、私たちの掲げる教育方針「E3※」に基き、愛好家や販売員を対象と限定せず、ライフスタイルに活かせる知識と体験学習を実施しています。

※E3とは : Education「教育」・Experience「体験」・Examination「試験」

フランスのチーズ職業種と
日本のチーズ資格対応表

全体図.png