協会について

日本チーズアートフロマジェ協会(CAFAJ)の取り組み

酪農から消費者に届けるチーズ専門職をフランス語で「フロマジェ」と言います。
自然の微生物や酵素が生きているチーズを扱うフロマジェの仕事は、製造技術を伴う高い知覚力※が必要と言われています。 大切につくられるチーズを安全に届けるだけでなく、美味しさの創造をはかり、世界中を食の喜びに満たすことを通じて、人々の健康維持に貢献することを目的に活動を行っています。 CAFAJは以下の取り組みを行っています。

1.チーズサービスのできる「フロマジェ」の普及、
  およびチーズ消費の促進繋がる人材育成活動。 

  

2.ナチュラルチーズにかかる正しい知識や、
  その活用方法の普及啓発を通じて、
  豊かなライフスタイルの創造などに寄与する活動。

 

3.豊かな食生活による健康志向、
  生態学を通じて環境意識の向上、
  環境改善の意識推進に寄与する活動。
 

CAFAJの検定資格制度とセミナーについて

CAFAJは、ナチュラルチーズの正しい知識と創造力を養う技術の普及啓発や、専門的な人材育成のため、各種資格制度認定を行っています。CAFAJの資格を取得した方々は、その専門知識や技能を活かし、さまざまな分野で活躍しています。

また、初めてチーズを学ぶ方やチーズを食べて楽しみたい方向けに、気軽に受講できるセミナーを開催しております。

CAFA®とは?

logo紺.png

世界に通じるCAFA®プログラム

kesiki.png

CAFA®は、フランスで発足され東京日本橋に本部を置く世界最高クラスのチーズ取扱い技能教育機関です。 チーズ産業をサポートするフランスのギルド国際フロマジェ協会の賛同を受け2015年に創設され、現在ではアジアを中心に拡張するなど、国際的に認められている認定資格です。

CAFA®の教育カリキュラムは独自に開発されたもので、例えばチーズを評価する上で重要なテイスティングを行うための “品質評価アプローチ法” を永世中立国スイス・チーズ組合の評価基準を継承し、欧州全体の評価標準やアメリカ・チーズソサイエティの評価法などの適正なる国際評価基準を照らし合わせ、世界中のチーズ鑑評ができるようCAFA®独自に開発しました。
 

 

CAFAJの年譜

理事挨拶

所在地

定款