理事長挨拶

 

これが私たちCAFAJの理念です。

私たちの取り巻く環境変化が激しさを増す中で、

変わらないものが一つあります。

それは「笑顔」。

脳科学の世界でも「笑う」という人の行動の原理原則は

いまだに解明できていないそうです。

 

世界で起こっている貧困問題、環境問題、そして人権問題など

様々な問題はあるけれど、人の向かうべき取り組みは全て

幸せを願い、平和への願いです。

 

時代の変化が進んでも、

その先に人の笑顔につながっていると信じて、

私たちCAFAJはチーズを通して、人を笑顔にしていきます。

チーズアートを通して人を笑顔にする

一般社団法人 日本チーズアートフロマジェ協会

       

        理事長

チーズ・ブュッフェ依頼数日本一

在日フランス大使館、NHK日本放送協会、クリストフル、アマゾン、メルセデスベンツ、そしてセゾン現代美術館など数々の団体様よりチーズのブュッフェ依頼を受けて、累計約一万人以上の人々に感動を提供してきた。

 

東京生まれ、鞄職人三代目として十二歳まで修行。「創る」が日常の少年期に描いた絵画は東京都美術館にて都展選出。好奇心は広がりモノを運ぶ鞄から人の暮らす箱をつくりたいとNY近代美術館新館を設計した建築家谷口吉生氏の推薦のもと、建築の道に入る。公共空間美が人に与える影響を体感して文化芸術の施設設計、医院デザインを主軸に活動している。またチーズとワインに魅せられライフスタイルブランド「ザ・チーズルーム」運営。CAFA®フロマジェ協会理事長を務める。

副理事長挨拶

物に恵まれて、豊かな今の時代に必要なこととは一体何でしょうか?

新しい知識でも、新しい食べ物でもなく、人が笑顔になる「楽しさ」だと考えます。

 

人の持つ資質には、感動を生み出すハートがあります。嬉しい!は、知識や物では叶えきれないもの。だからアートの力で食育を活性化させたいと考える金子の持論に賛同しています。

 

これまでチーズの素晴らしさを学び、そして感じてきたことは「Happy」という気持ちでした。

“チーズを通して人と出会い、チーズを通して豊かさを知った、このチーズの魅力をもっと多くの人に届けたい!″ そんな思いが湧き上がっていました。

世界中の様々なチーズ文化とチーズを彩るアートを学ぶことで、より深い食の楽しさと文化を皆様と一緒に広げていきたいと願っております。

 

一般社団法人 日本チーズアートフロマジェ協会

副理事長 村瀬 美幸

​一般社団法人 日本チーズアートフロマジェ協会

Cheese Art Fromager Association of Japan

〒 103-0001

東京都中央区日本橋小伝馬町16-2 東事協ビル2F

TEL: 03-6264-0530
メール:info@cheeseart-fromager.jp

事務局営業時間:火〜金(12:00〜18:00)
休業日:月土日・祝

​アクセスはこちら>>