チーズとアート

チーズとアート

酪農から消費者に届けるチーズ専門職をフランス語で「フロマジェ」と言います。自然の微生物や酵素が生きているチーズを扱うフロマジェの仕事には、製造技術を伴う高い知覚力(アート感覚)が必要と言われます。大切につくられるチーズを安全に届けるだけでなく、美味しさの創造をはかり、世界中を食の喜びに満たすことを通じて、フードロス、また人々の健康維持に貢献します。そしてCAFAJでは以下の取り組みを進めています。

  1. チーズサービスのできる「フロマジェ」の普及、およびチーズ消費の促進繋がる人材育成活動。   

  2. ナチュラルチーズにかかる正しい知識や、その活用方法の普及啓発を通じて、豊かなライフスタイルの創造などに寄与する活動。

  3. 豊かな食生活による健康志向、生態学を通じて環境意識の向上、環境改善の意識推進に寄与する活動。

チーズアートについて

チーズの多くは、他食品との繋がりを持たせるハブ(中心的)の役割を果します。また、アートとは人の持つ美意識が創り出す産物のことをいい、食の美味しさを引き出す調理や環境づくりを施すことを指します。こうした考えの元、豊かな食事環境を作り出し、感動を生む「美味しさの技法」のことを「チーズアート」と名づけています。

​一般社団法人 日本チーズアートフロマジェ協会

Cheese Art Fromager Association of Japan

〒 103-0001

東京都中央区日本橋小伝馬町16-2 東事協ビル2F

TEL: 03-6264-0530
メール:info@cheeseart-fromager.jp

事務局営業時間:火〜金(12:00〜18:00)
休業日:月土日・祝

​アクセスはこちら>>